不妊治療は気持ちの共有が大切

不妊治療不妊治療で悩みが多いのは女性だというイメージが強いです。男性は奥様に寄り添い、支えるイメージがありますが、これは逆です。

男性にとってこれほどデリケートな問題はありません。不妊治療において大事なのは、夫婦の意見が一致して不妊治療に望むかということです。

現実問題、女性もですが男性もまた不妊治療への取り組みはいろいろ行わなければなりません。
そのまず始めが、お互いの精子や卵巣が正常かどうかを見ることです。

万が一、男性の精子に異常が見つかる場合もあります。そのときに、正常に持っていく努力をしなくてはいけません。

食事療法や漢方やありとあらゆることを病院から要求されます。その要求が受け入れられる精神力があるかということです。

だから、世に女性をフォローするのが不妊治療と思われますが、男性を支えるのが不妊治療の重要な部分です。

男性の協力なくしては不妊治療はできません。

男性は病院のイメージがマイナスイメージとして捕らえている方が多いです。しかも、産婦人科といえばそれだけで、女性の病院というイメージです。

だからそこ、不妊治療に取り組みたい女性は、まずしっかり下調べをしてください。
病院選びも大事です。不妊治療の流れもしっかり聞いてください。

男性は普段仕事で忙しく、その上、お休みの日に病院、もしくは休んででも行く病院に抵抗があります。奥様がしっかりサポートして仕事に影響をなるべく引き起こさないように配慮しながら、不妊治療を行いましょう。

一番言ってはならないせりふは「私だけがんばっている」です。

男性は家計のため、あなたのためにお仕事をして不妊治療に取り組んでいます。不妊治療はお互いががんばってもうまくいかないことが多いです。

どうして?なぜ?と精神的に追い込まれるのは男性も一緒です。

不妊治療を始めたら、なるべく夫婦の会話を増やしましょう。赤ちゃんのことだけでなく、いろいろなコミュニケーションをとることをおすすめします。

二人の時間も大事だと思えることで、万が一赤ちゃんを授かることができなくても、二人で乗り越えれれるようにです。誰が悪いとも、誰がいいとも答えがないのが不妊治療です。